AppSheet 備忘録 ~ スプレッドシート構成など

AppSheetを試してみて、気を付けた方が良さそうなことなどの備忘録です。

※ 気づいた事など、随時追加予定

目次

スプレッドシートの構成方針

AppSheet用のシートはデータベースと考える

AppSheet用のシートはデータベースと考えるといい気がします。

直接触らない、目に触れないようにする。

AppSheet用のシートは保護設定に

AppSheet用のシートは見出しだけ設定したら、保護設定に。

手作業排除で触れないようにした方が安心感が増します。

[optional] AppSheet用のシートは非表示設定に

保護設定と同じ理由で、非表示にしておけば、より安全です。

データを確認したい場合もアプリ側で極力見た方が安心。

AppSheet用のシートは区別しやすい名前に

誤入力回避のため、AppSheet用のシートは、他と区別しやすい名前にしておくと安全です。

例えば、AppSheet用のシートは英語表記で、他は日本語表記にするなど。

名前もappsheet.xxxxxas.xxxxxなどのようにわかりやすく。

データベース感を意識してdb.as.xxxxxとかもいいかもしれません。

中間データ用のシートを作る

別シートで複雑な計算をする場合、アプリで入力した素のデータをそのまま使うのは大変なので、中間シートを作っておくと良さそう。

よく使うデータを中間データ用シートに入れておけば、AppSheet用のシートを見る機会も減るので、間違って操作する危険性も下がります。

[optional] AppSheet用シートへのアクセスは中間シートのみに限定する

AppSheet用シートを誤って編集しないために、中間シートを必ず経由するようにすると安全性が増すと思います。

全データがほしいなら全コピ可能だと思うので、パフォーマンス面を除けば、どうしてもAppSheet用シートに直接アクセスが必要という場面は少ない気がします。

Apps Scriptで編集する場合も、中間シートからデータを読むようにして、AppSheet用シートにはアクセスしないようにするのが無難そう。

まとめ

まだ使い始めですが、けっこう多用しそうな気がするので、気づいた事があれば、随時追加したいと思います。