Kubernetes 利用遍歴まとめ

以下の記事でKubernetes遍歴をまとめていたら、長くなったので別立てでまとめてみました。

過去のツイートなどを振り返ってみたところ、使い始めてからおおよそ3周年なので、これまでの自身のツイートと合わせてkubernetes遍歴をまとめてみます。

目次

Kubernetesが気になり始める

Dockerコンテナのままデプロイできるという事で、オーケストレーションツールが気になり始めます。

当初は、Docker Swarmに惹かれる。

Docker Swarmを試してみる

Docker Swarm トライ。

Swarmに惹かれる。

以下のツイートからすると、当時の自分はVPSにdocker-machineをのせて、そのままサイト公開できないかとか考えてたような気がします。。。

minikubeトライ

Kubernetes入門。

Kubernetesに惹かれる。

1日で鞍替え。

Rancherトライアル

RancherでKubernetesクラスタ構築トライアル。

ドイツの格安VPSを選定。苦行の始まり

コスパの良さに浮かれていた自分が懐かしい。。。

Istio トライアル

マシンスペックのせいか、安定して動作しなかったので撤退。

GKEを使うようになってからも、メモリ使用でマシン構成が1ランク上がってしまうので保留中。

helm 入門

公式で用意されてるパッケージなどが便利で、新規にチャートを作成する場合も、生成されるテンプレートがわかりやすく、ちょっと調整するだけ使えて楽。

現在も継続して利用中。

VPS運用に疲弊。GKEが気になり始める

3ヶ月の苦行の末、フルマネージドを検討。

「安物買いの銭失い」という言葉を覚える。

GKEの評判や、元々Google発ということでGKEを選択。

GKE & GCP 入信

数多の苦行から解放され、フルマネージドに感動。

フルマネージド万歳!!