Ramda.js 入門まとめ (サンプルコード付き)

関数型プログラミング入門の一環として、Ramda.js を試してみました。

Ramda.js の入門記事をいくつかトレースしてサンプルコードにまとめてみたので、簡単に紹介したいと思います。

参考ページ

試してみた入門記事は以下の4つです。

トレースコード

トレースしたコードは以下のレポジトリにまとめています。

サンプルコードは sandbox/sandbox.test.ts です。

cloneした後、以下のコマンドでパッケージをインストール、テストを実行すると動作が確認できます。

yarn install
yarn run test

npmの場合は以下のコマンドで

npm install
npm run test

テストを監視する場合は、yarn run test:watchで(npmの場合はnpm run test:watch)

感想とか、諸々

主にカリー化したときに、IDEのコードヒントがどうなるか知りたかったので、その辺を。

PhpStormの場合だと、関数、引数共に詳しい情報が表示されました。

lodashのcurry関数だと、コードヒントがほぼないので、Ramda.jsの方に惹かています。

ちなみに、VSCodeの場合は、どちらも詳細に情報が表示され、大差ありませんでした。

まとめ

とりあえず、カリー化用途に Ramda.js を導入して、その他のユーティリィなどについては、ぽつぽつと試そうかと思います。